本日は歌い手として活動予定の男性の体験レッスンでした。

しゃべり声がハキハキとして綺麗で、しっかりとハリのある歌声をお持ちでしたが、地声高音において力みが見られました。
最終的にはニコニコ動画において、様々な高い曲を原キーで歌いたい、とのことでしたので、本日はその第一歩として、地声の最高音付近での声の出し方を指導しました。

地声の最高音付近で力んでしまうのは、原因としては

■喉や口が開いてないために声がうまく響かず、それを補うために首や肩の筋肉が働く
■声が柔らかく、声帯閉鎖が足りないために地声としての輪郭を保てない

が考えられます。
今回の男性は前者でしたので、

■「お」系の発音のまま音階練習をする

トレーニングをして頂きました。
このブログではお馴染みの対処法ですが、おの発音は喉を開く効果を誘発します。また、口の中にもしっかり響きやすくなる効果もあります。

結果として力みが取れ、また響きの豊かな存在感の強い声への変化を感じ取れて頂けたようです。

今回の声の変化をしっかりと覚えて、今後もトレーニングに励んで頂けたらと思います。