本日は近々歌い手として活動予定の女性の体験レッスンでした。
お話を伺ったところ、地声の高音が辛そうに聞こえる、声が前に飛ばない、裏声への切り替えが苦手、
とのことで、実際に課題曲を歌唱頂いたところ、

■喉が開ききっておらず、
■裏声になった途端に共鳴が弱まり、吐息が増えてしまう

状態でした。裏声とは逆に、地声は高くなればなるほど声帯閉鎖によって声量を補おうとして固い声になり、
それも裏声との性質のギャップを広げる原因になっていました。元々の声質は柔らかくて奇麗でしたが、
やや力技で歌おうとしている印象。

ですので、

■地声は牛のイメージで「もー」
■裏声はフクロウのイメージで「ホゥ」の声

で音階練習に取り組んで頂きました。
「お」母音の発音は口の中に共鳴が起こりやすく、のどの奥も自然に開きやすくなる傾向にあります。
そうやって地声は力みを抜いて柔らかく、裏声はみっちりとした声に変えて行く事でバランスが取れ始め、
音階練習では地声と裏声がなめらかに繋がり始めました。

また、

■「スッ!スッ!」と歯を閉じた状態で鋭く息を吐いてもらい、その際に動く腹筋の動きを確かめてもらう

ことで、勢い良く圧のある声を出す時に必要な筋肉の動きを確かめてもらい、それを声と連動させることで柔らかく、
かつ圧のある声を出すトレーニングも致しました。

最後に課題曲を歌って頂いたところ、全体的に柔らかく、力みが取れ、裏声も輪郭のはっきりした声に
変化していました。

しかし、発声練習の時の方がしっかりと声が出ているので、今後の課題としては基礎練習と歌唱練習を交互に
行って行く事でそのギャップを埋めつつ、基礎力をさらに高めて行くことです。

■きちんと響かせれば力みは要らず、楽かどうかが良い発声かどうかの指標になります。

それを頭において、今後もレッスンをがんばって頂けたらと思います。