本日は女性歌い手の体験レッスンでした。

■裏声が安定しない

■低い音から高い音(そしてその逆も)に飛ぶ時に音程が不安定

■歌い出しが高いとその音に当てられない

という悩みをお持ちとのことで、歌って頂いたり軽い音階練習でチェックした結果、

■音感はきちんとあるが、全体的に声がきちんと身体に響いていない

状態にありました。常に声を保つことに意識を多く割いている為、高域や地声裏声の
切り替え部分でいっぱいいっぱいになりやすくなっていたのです。

ですので、しっかりと口や喉に声を響かせる為に、

■「もーもー」「ぅおぅぅおぅ」と口をすぼめてアゴをしっかり開く動きをすることで、
口の空間を広げ、響きやすくする

■そこからオっぽいアに繋げることで響きやすい発音を作る

■歌詞に繋げていく

指導をさせて頂きました。オの発音は同時に喉の空間も開きやすくなります。

そしてそのままボリュームを上げて頂くと自然に声帯閉鎖が起こり、太くパワーのある
高域がで始め、余裕が生まれたことにより音程も安定し始めました。

音程がずれる時、自身の音感を疑いがちになります。しかし音程練習が必要なケースばかりでなく、
発声が原因で音程が崩れていることも多いです。

綺麗なメロディを奏でるためには音感、発声、両方を鍛えていく必要があるのです!

本日お伝えしたことを忘れずに、音程が安定しないときは牛の真似を「も〜」っとして
落ち着いてみてください笑