本日は男性歌い手の体験レッスンでした。

 

■歌に感情が乗らない

■音域が狭いので、ミックスボイスを習得したい

■ビブラートを出したい

 

とのことでしたのが、感情を乗せる、という項目には複数の要素が絡んでくるので、本日は分かりやすいミックスボイスの習得に焦点をしぼりました。

 

■男性が地声では出せないような超高域は、特殊な声帯の持ち主でなければ基本的には裏声

 

です。ですが大体の男性は

 

■きちんと身体に響いておらず、

■息→声の変換がうまくいっていない吐息の強いスカスカの裏声

 

になってしまっています。今回のレッスン生様も上記の症状をお持ちでしたので、

 

■ふくろうの鳴き真似で「ホウホウ」と声を出すことにより口の中にしっかり裏声を響かせ、

■エッジボイスの要領で声帯閉鎖を行い、吐息を少なくし、かつ強く鋭い声を出すようにする

 

ことによって、裏声に太さと鋭さを加える指導を行いました。また、単一の音や母音では上手く行ってもフレーズになると強さを保てない状態でしたので、

 

■「あ」から「いうえお」の他の母音に、ロングトーンしながら響きを保ったまま変化させる

■簡単なドレミファソに「貴方だけ」等の発音を織り交ぜて、強さを保つ

 

等のレッスンを行い、

 

■単純な「声を出す」行為からフレーズに繋げて行く

 

ことで、曲のサビを通じて裏声の強度を保てる指導を行いました。

 

また、ビブラートに関しては

 

■ボリュームの強弱、音程の上下が連動して細かく起こることでビブラートが発生する

■指を揺れに合わせて振ってみると感覚を掴みやすい

 

等の指導を行うことで基礎的な感覚を掴んで頂きました。

 

 

ミックスボイスの習得には、この後に

 

■地声と裏声の声質やボリュームのバランスを整える

■地声と裏声を繋げて行く

 

行程が待っています。ですがそれをクリアすれば、どんな高い歌も楽に歌いこなせるようになります。

今日掴んだ感覚を忘れずに、地道に練習して行って頂けたら幸いです。