本日は女性歌い手として活躍なさっている女性の体験レッスンでした。

 低音と高音の強化、そしてとある曲を歌いこなしたいとのご要望でしたが、実際に歌って頂いたところ、「喉を開く」ことの出来たハリのある声になっていました。
 どうやらご自分の限界以下のキーを出したい、ということであった様子。

■「地声」には下と上の限界がある
■下は生まれ持った限界以上は拡張できない
■上は裏声を強くして行く形であれば拡張可能

 ということを説明させて頂いた上で、高音の強化にも着手致しました。

 この方は元からミックスボイスが出来ている方なのですが、天然で習得できている方が陥りがちな

■「強い裏声」と「高い地声」の区別がご自身の中でついていない

 という症状をお持ちでした。
 また、区別が出来ていないために、

■本来楽なはずの裏声で力んでしまう

 状態でした。

 ですので、まずは

■地声と裏声の境界線をある程度見極め、
■その前後のキーで曲の中で地裏を使い分けること、
■そして「裏声を出している」感覚のまま声帯閉鎖を行ったり息の出力を強くすること

 により、力まずに強い声を出せるようご指導させて頂きました。
 また、発声練習で出せていた強い裏声がメロディの中では発揮出来ない状態も見られたので、

■低い地声から高い裏声へ、高い裏声から低い地声へ、メロディを分解して2音を行き来し、
そこに前後の音符を足して行く事で徐々にフレーズに組み込んで行

 という指導もさせて頂きました。
 その過程で力みも取れ始め、また地声の最高音も楽に出始めていました。

 サビでパワフルなハイトーンを出すためには、実は楽をする必要があります。
 そのカギは裏声を力まず強く出していけるかどうかです。

 そこを忘れずに、今後も練習して頂けたらと思います。